音楽グループ『ブリーズ』の活動レポート

BREEZE(ブリーズ)音楽ノート

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

2011年2月27日(日)、富山市内のグランドプラザで行われる予定の「JET世界まつり」に
The BGM2が出演する予定です。

当日は、ロシア音楽を中心に数曲演奏します。

【予定の曲目】
・カチューシャ(Катюша)
・人生いろいろ(島倉千代子/2番はロシア語歌詞)
・ともしび(Огонек)
・手紙(Одно письмо) 詩―エドゥアルド・アサードフ、曲―オリジナル/折口弘
・長い道(Дорогой Длинною/Those were the days―悲しき天使)
・カーク・ズドーラヴァ(Как здорово)
・ミーラヤ・マヤー(Милая моя)
・百万本のバラ(Миллион роз)

――――――――――――――――――――――――――――――
《JET世界まつり要旨》

富山県内で活躍する国際交流員やALTたちが中心となって、ステージパフォーマンス、国際カフェ、各国ブースなどをとおしてそれぞれの出身国について幅広く紹介する祭典です。

日時:2月27日(日)     場所:富山市グランドプラザ

内容:各国の料理を堪能できる国際カフェ、キッズコーナー、ALTたちによる各国紹介ブース、バンドによる演奏、ボサノバ、ダンス漫才など


スポンサーサイト
  1. スケジュール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

松の内が過ぎて間もなくの9日、The BGM2 の今年初めての練習をしました。

正月休みの間、マクシムが書いていたパート譜で音合わせしました。

そのうちの1曲は、日本では『悲しき天使』として知られている曲で、ロシア語バージョンで演奏します。

この曲はアメリカで1968年にポール・マッカートニーがプロデュース
しメリー・ホプキン(当時18歳)が歌ってヒットしました。
原題は「Those were the days」です。


日本では『悲しき天使』の題名で発売され約2ヶ月後、ピンキーとキラーズの「恋の季節」を抜いてオリコン・シングルチャート1位になった曲です。

もともとは、ソビエト連邦の歌謡曲で、ラスキンがジプシー風に編曲したといわれています。ロシアの原題は『長い道』(Дорогой Длинною ― ダローガイ・ドゥリンナユ)で、トロイカで月夜の旅路を行くさまを歌った曲です。

Дорогой Длинною(長い道)
作詞:Константин.Н.Подревский(ポドレフスキー)   
作曲:Борис.И.Фомин(フォーミン)

Ехали на тройке с бубенцами,
А вдали мелькали огоньки.
Эх, когда бы мне теперь за вами,
Душу бы развеять от тоски…

  (Припев)
  Дорогой длинною, да ночью лунною,
  Да с песней той, что вдаль летит, звеня.
  И с той старинною, да с семиструнною,
  Что по ночам так мучила меня.

Да, выходит пели мы задаром,
Понапрасну ночь за ночью жгли.
Если мы покончили со старым,
Так и ночи эти отошли.

  (Припев)


Those Were the Days
song:Mary Hopkin

Once upon a time there was a tavern
Where we used to raise a glass or two
Remember how we laughed away the hours
And dreamed of all the great things we would do

 (Repeat)
 Those were the days my friend
 We thought they'd never end
 We'd sing and dance forever and a day
 We'd live the life we choose
 We'd fight and never lose
 For we were young and sure to have our way.
 La la la la...
 Those were the days, oh yes those were the days

Then the busy years went rushing by us
We lost our starry notions on the way
If by chance I'd see you in the tavern
We'd smile at one another and we'd say

 (Repeat)
 
以下略

  1. レパートリー
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]

2011 あけましておめでとうございます
2004_2_11-Y_1

2010年はThe BGM2を応援していただきありがとうございました。
今年もどんどん新曲を取り入れて、サウンドに磨きをかけて、
皆さまに爽やかなギター音楽お届けしていきたいと思います。
2011年も応援よろしくお願いいたします。

2011.1.1

The BGM2 メンバー一同


  1. メッセージ
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

ブリーズ

Author:ブリーズ
音楽グループBREEZE(ブリーズ)です。コンサートや施設訪問などで幅広いジャンルの楽曲を演奏しています。よろしくお願いします。

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2011 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。