音楽グループ『ブリーズ』の活動レポート

BREEZE(ブリーズ)音楽ノート

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

ブリーズ(BREEZE)

ユニット結成時の名前「The BGM2」を2011年にそよ風という意味の「ブリーズ(BREEZ)」に改め、さわやかな音楽を届けようと活動しています。
レパトリーはロシア愛唱歌やポールモーリアをはじめとするイージー・リスニング系、内外のポップスや、洋画音楽のカバー、そして日本の演歌など幅広いジャンルです。またクロード・チアリやロスインディオ・タバハラスといったギタームードミュージックなども演奏しています。


《メンバー紹介》
 2014.8.1 現在

棚辺誠治 — Guitar 1
ギター歴四十数年。愛用のギターはギブソンはじめ数々。
そのサウンドに魅せられます。
バンドのリーダでもあります。

松岡哲弘 — Guitar 2 & Vocal
採譜と編曲を担当しています。ロシア語は趣味程度です。
ギターソロをこつこつ練習しています。

藤村広治
— Cajon(カホン) & Vocal
GSブームの頃ドラムを叩いていました。
今はカホンを担当。ロシア語を話します。

折田典子
Keyboard(ピアノ)
普段は学習塾(小学生~高校生)の先生をしています。

成瀬龍也-Bass
その昔ベースを弾いていました。


スポンサーサイト
  1. プロフィール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

symesanpoten2010年6月20日pm1:30、The BG2として2回目の夢散歩展セッションライブがスタートしました。
今回も前年同様3ユニットの出演を予定していましたが、イッシー・ブライアンさんは都合により欠席となり、残念ながら2ユニットの出演となりました。

※右のポスターは松岡のデザイン
※写真提供:草島さん


《出演者》 
YUMESANPO
The BGM2


今回は富山新聞社、朝日新聞社2誌の取材や、たくさんのお客さんにご来場いただき、にぎやかにYUMESANPOさんからスタートしました。また、ルミー散歩さんとコンビの共演では軽やかに、さわやかに演奏されていました。


The BGM2は、今回は2回目ということもあり、比較的落ち着いて演奏できたと思います。
演奏にあたっては前回はチューニングが大幅に狂っていたこともあり、念入りに音合わせをしました。

yumesanpoten1《演奏曲目》
1.思い出のソレンツァラ(クロード・チアリ)
2.手紙(オリジナル)
3.ひまわり(映画「ひまわり」の主題曲)
4.アモール(ロスインディオス・タバハラス)
5.カーク・ズドーラヴァ(ロシアPOP)
6.ともしび(ロシア民謡)
7.スター・ダスト(ロスインディオス・タバハラス)
8.マイナー・スイング(ジャンゴ・ラインハルト)


  1. ライブ・リポート
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

マイナー・スゥイング(Minor Swing)
ベルギー生まれのジャンゴ・ラインハルト(Django Reinhardt/1910.1.23~1953.5.16)とステファン・グラッペリ(Stéphane Grappelli)との共作。

1937年に録音された曲。1999年公開の映画「Matrix」のサウンドトラックで使用された。
この曲は、盟友ステファン・グラッペリ(ジャズス・バイオリニスト)との共演で、小気味の良いテンポとマイナーながら陽気な雰囲気を漂わせています。
The BGM2の演奏では、Dualがメインパートを、Maksimがリズムパートを担当しています。
キーボードが加わったので、バイオリントーンも加えていきたい。

スター・ダスト(Star Dust)

マリア・エレナ(Maria Elena)

アモール(Amor)

オリーブの首飾り

涙のトッカータ

ジャニー・ギター

思い出のソレンツァラ

夜霧のしのび逢い(La Playa)

ひまわり
ヴィットリオ・デ・シーカ監督、
マルチェロ・マストロヤンニ、ソフィア・ローレン主演
戦争によって引き裂かれた夫婦の悲哀を描いた作品の主題曲。
音楽はヘンリー・マンシーニ


夜空ノムコウ

ともしび(Огонек)
作詞:ミハイール・イサコーフスキ/作曲:不詳
1942年にイサコーフスキが発表した詞にもとづいて作れれた曲で、ソビエト連邦時代に流行した歌曲。
第2次世界大戦(大祖国戦争)中のことで、前線に赴く若者とそれを見送る乙女の情景を描いている。日本では、ロシア民謡といわれているが、戦時歌謡的な曲である。

1.ナパズィーチ ヂェーヴシカ プラヴァジャーラ バイツァ
  チョームナイ ノーチユ プラスチーラスヤ ナ ストゥピェーンカフ クリリツァー
  イ パカー ザ トゥマーナミ ヴィーヂェチ モーク パリニョーク
  ナー アコーシキェ ナー ヂェーヴィチェム フショー ガリェール アガニョーク

  前線(祖国防衛戦線)に向かう兵士を娘は見送る。
  暗い夜に、玄関ポーチの階段で別れた。
  しばらく霧の向こうに若者は見ることができた。
  娘の窓にはずっと灯(ひ)が燃えていた。

2.パールニャ フストゥリェーチラ スラーヴナヤ フランタヴァーヤ スィミヤー
  フスュードゥ ブイリ タヴァーリシ フスュードウ ブイリ ドゥルズィヤー
  ノー ズナコームユ ウーリツウ パザブイチ オーン 二ー モーク
  グヂェー シ ティ ヂェーヴシカ ミーラヤ グヂェー シ ティ モーイ アガニョーク
  
  前線の素晴らしい仲間たちは、若者を迎えた。
  でも若者はあの街を忘れることができなかった。
  おまえはどこに、愛おしい娘。
  おまえはどこに、僕の灯よ。


カーク・ズドーラヴァ(Как здорово)

ミーラヤ・マヤー(Милая Моя)
слово и музыка:Юрий Визбор(作詞|・作曲:ユーリ・ヴィズバル)

1.フセーム ナーシム フストゥリェーチム ラズルーキイ、 ウヴィ、 スージヂヌィ。
  チーヒ イー ピチャーリン ルチェーィ ウ ヤンタールナイ サスヌーィ。
  ピェーピラム ニスメールィム パヂョールヌリスィ ウーグリイ カストゥラー。
  ヴォートゥ イー アコーンチラスィ フショー、 ラスタヴァーツァ パラー。
  
   ※2・3番繰り返し
   ミーラヤ マヤー、 ソールヌィシカ リスノーィエ、
   グヂェー、 フ カキーフ クラヤーフ
   フストゥレーチシシャ サ ムノーユ。
   (2回繰り返し)

  すべての私たちの出会いは別れの、ああ ― 運命なのだ
  静けさと琥珀の松のそばのせせらぎは悲しい
  焚火の炭が灰でほんのり薄く覆われる
  ほらすべてが終わってしまう ― 別れの時だ

   ※2・3番繰り返し
   私の愛おしい人よ、森の太陽(陽当り)
   それは、どんな所(地方)で僕と出会うのだろうか
   (2回繰り返し)

2.クルィーリ ヤー スラジーリイ パラートゥキイ イフ コーンチン パリョートゥ。
  クルィーリ ヤー ラスプラービリイ イスカーチリ ラズルーク サマリョートゥ、
  イ パチホーニチクウ ピャーチツァ トゥラープ アトゥ クルィラー
  ヴォートゥ ウシ、 ヂィストヴィーチリナ、 プラパースチ メジ ナーミイ リグラー。
  
  ※繰り返し

  天幕の翼は畳まれた-フライトは終わった
  別れの探索者は翼を広げている-飛行機だ
  翼からタラップが静かに下がっていく
  ほら、もう、実際に僕たちの間に深い溝が横たわってしまた

  ※繰り返し
   
3.ニェー ウチシャーィット ミニャー、ムニェー スラバー ニ ヌージヌィ
  ブ アティスカーチ トートゥ ルーチェイ ウ ヤンタールナイ サスヌィー
  ヴドゥルーク スクボースィ トゥマーンタム クラスニェーィトゥ クソーチクゥ カーク アグニャー
  ブドゥルーク アグニャー アジダーユトゥ プリスターフィッツェ ミニャー

  ※繰り返し

  慰めないでくれ、僕には言葉はいらない
  探しだすとしたら、あの琥珀の松のそばのせせらぎ
  突然、霧を透かして断片が火のように赤く染まる
  突然、火が僕を紹介しなさいと期待する

  ※繰り返し

手紙(Одно Письмо) オリジナル―
слово:Эдуард Асадов(作詞:エドゥアールド・アサードフ)/музыка:Тэцухиро Мацуока(作曲:松岡哲弘) 
♫ ОДНО ПИСЬМО

カチューシャ(Катюша)
ロシア歌謡
第2次世界大戦

アランフェス

リベルタンゴ


  1. レパートリー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

2010年6月5日 高岡市吉久にある喫茶「さまのこ屋」で、囲炉裏端ライブが開催されました。


samanoko100605当日は、ライブというよりは公開練習といったところでした。
The BGM2のメンバーは「練習」ということで気楽にやって来たのですが、いざ「さまのこ屋」に入ってみると、お客さんが結構いました。「そのうちにお帰りになるだろう」と思っていたのですが、あにはからんや、そのまま最後までライブのお客様になってしまわれ、慌てたり、緊張したりで、演奏も冷や汗ものでした。

YUMESANPOさんも参加されていたのですが、さすがに落ち着いておられ、じっくりとお客さんの心を掴んで、2ステージしっかりこなされていました。

写真にあるように、囲炉裏端で演奏したのですが、まさかの火が入っていて、緊張や照明と相まって冷や汗がたらたらと流れていました。

《演奏曲目》

♫ アモール
♫ ひまわり
♫ 手紙
♫ カーク・ズドーラヴァ
♫ ともしび
♫ 夜空ノムコウ
♫ スターダスト
♫ マイナースイング

※写真提供:宮林不倒さん


  1. ライブ・リポート
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

ブリーズ

Author:ブリーズ
音楽グループBREEZE(ブリーズ)です。コンサートや施設訪問などで幅広いジャンルの楽曲を演奏しています。よろしくお願いします。

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2010 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。